ニキビケアと食生活の関係は?

ニキビケアと食生活の関係は、非常に深いものがあります。ニキビができる原因に食生活は大きく関わっています。肌の状態は外部から受ける刺激だけでなく、内側からの影響も受けやすいです。そのため、食生活を見直すことはニキビ改善につながります。

ニキビ対策には色々な手段がありますが、普段の食生活を見直すことも有効な手段になります。偏食傾向が強い人はニキビになりやすいので、ニキビに有効な栄養素を摂るようにしましょう。ニキビにオススメの栄養素はビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEなどで、食材としては、にんじん、ホウレンソウ、カボチャ、レバー、うなぎ、卵、乳製品、まぐろ、かつお、にんにく、緑黄色野菜、果実などをしっかり摂ると良いです。甘いものや脂っこいものを好んで食べたり、魚より肉を食べることが多い人はニキビができやすいので、食生活を改善する必要があります。また、夜間にお菓子を食べたり、アルコールを飲む機会が多い人はニキビができやすいので、すぐに食生活を改善する必要があります。肉よりも魚中心の食事を心がけましょう。リプロスキンはニキビ跡にも効果ありと評判です。