素肌美人のためには保湿

素肌美人のためには保湿が大事だということは「保湿が重要なわけ」の項目でわかると思います。コスメティックスなどを選ぶ際、保湿成分を知っておくと便利です。スキンケアコスメティックスに使われている保湿成分は大きく分けて4つです。3つめは「吸湿性のある成分」です。

湿度が下がると保湿力も低下します。コスメティックスにそれほど使われているのはNMF、PGなどです。NMFは天然保湿因子と呼ばれるもので、アミノ酸や尿素などが主な成分です。保湿力は強くないのですが、さらっとしているのでコスメティックスにそれほど使われてある。PGはアルコールの一種で吸湿性にすぐれてある。最後のひとつは「油分」です。水は流れ出てしまうので、油分でふたをください、という昔から言われてきた保湿を続ける成分です。オイルやクリームなど、油分の多いコスメティックスのベースになっています。軟膏などにつかわれてあるワセリンは鉱物油(ミネラルオイル)、植物油、動物油、流動パラフィンなどがあります。植物油はアボガドオイル、オリーブオイル、ホホバオイル、米ぬか油などがあります。動物油はミンクオイル、スクアランオイルなど。流動パラフィンはロウという感じのオイルです。オイリー肌と油分とは違います。素肌美人のためには一層油分のないセラミドやヒアルロン酸配合のコスメティックスを充分与える保湿を心がけましょう。ふさわしい保湿が素肌美人への近道です。