ニキビ治療にケミカルピーリング

ケミカルピーリングはアンチエイジングなどの美肌効果を求める人やにきびやにきび跡の治療などにも、選べるそうです。
にきび治療に受け取れるケミカルピーリングは、にきびの原因である毛穴の詰まりや脂性肌を改善するため、にきびやにきび痕を治療することを目的としてある。

とりわけ、大人になってからのにきびは、角質の機能低下によって毛穴が滞り易くなっておりますが、ケミカルピーリングを行うため角質の交替(肌の再生)を正常化し、にきびを改善するのです。

にきび治療に受け取れるケミカルピーリングは、一般的に角質層のみの浅いピーリングを行うため、AHA(グリコール酸)が多く用いられていますが、にきびの数や症状によって適切にやり方を選択、併用できるとより高い効果を得られる場合もあります。また、にきび跡の改善は痕が皮膚の濃いところにまで達しているものほど改善が難しくなり、治癒までに時間がかかります。そのため、TCA(トリクロル酢酸)やサリチル酸など深めのピーリングが受け取れる場合もあります。

にきびに対するケミカルピーリングは、熟練した医師の下で受け取れる場合はずいぶん効果の高いやり方だと言われていますが、術前の前治療や術後の後の治療が非常に重要です。角質や表皮をはがすことになりますから、表皮が持つ本来のバリア機能や保水機能が無くなるため、それに対する適切な対処が必要です。その為に、ケミカルピーリングは医師の指示の元で立ち向かう必要があるのです。再びケミカルピーリング効果を持続させるために、肌の交替の周期に合わせた継続的な治療をすれば、理想的な治療と言えます。