たるみ毛穴と紫外線

紫外線は肌に良くないことは、皆さんもご存知でしょう。紫外線を浴びる事で、肌のコラーゲンを減少させる原因になるそうです。つまり、紫外線を浴びてしまうと肌の老化が進み易いともいえるでしょう。そうすると肌の老化によって引き起こるたるみ毛穴にも紫外線は天敵といえるのではないでしょうか。

紫外線には2種類あり、UV-AとUV-Bと分けられます。こういう2種類は肌の真皮、表皮に影響し、悪さをします。UV-Aは真皮にまで達し、肌のはりを保つコラーゲンやエラスチンにダメージを与えて肌のはりが失われ、しわやたるみの原因を作ります。一方のUV-Bは主に表皮内に影響を与えます。表皮細胞の生まれ変わりのサイクルを早めて角化異常を招いたり、メラノサイトを活性化させてシミを生み出したり行う。また、コラーゲンやエラスチンを壊す酵素を発生させるので、シワをつくる原因にもなります。

折角、スキンケアを充分行って、コラーゲンの再生を促していても、日中外で紫外線を浴びまくっては、大して効果は得られません。日頃のスキンケアとともに、紫外線対策も行う事で、結果的にたるみ毛穴の改善に役立つといえます。

紫外線の量が最も多いのは、春~夏にかけてですが、夏だけでなく年間中紫外線は降り注いでいらっしゃる。雨や曇りでも、室内であっても紫外線の魔の手からは逃れられません。普段から一概に紫外線対策をしておきましょう。日傘や帽子も紫外線対策には有効ですが、紫外線は上からだけでなく、地面からのはね返りもありますので、日焼け止めはどうしても使用するようにください。また、日焼け止めはこまめに塗り治すことも大切です。ブランシュールは首とデコルテ専用