メイク落としの仕方

メイク落としの仕方について。肌に手ためには毎日充分メイク落としをする必要がありますが、メイクの大半は油性なため、水だけでは取り外せません。規則正しいメイク落としでは、目元や口、ほおへのポイントメイクを手始めに洗い落としてから、次の手順にいくように心がけるといいでしょう。

メイクアップリムーバーなどをコットンにつけ、終始コットンの清潔な面を押し当てるよう注意しながら、丁寧にポイントメイクのメイク落としを通していきます。ポイントメイクを落としたら、クレンジング剤を顔全体に馴染ませます。適量のクレンジング剤を手に取り、両手で甘く温めます。手のひらのクレンジング剤を顎、頬、額に少しずつつけてから、中指と薬指の腹で円弧を描くように顔じゅうに伸ばします。クレンジング剤が顔全体に行き渡ったことを確認したら、ティッシュを顔に乗せてちょっと突き止め、ふき取るようにメイク落としをください。眉や小鼻のまわりはクレンジング剤が残り易いので、中でも注意します。クレンジング剤が落とすタイプのものも販売されていますが、こちらの場合は取り去り後ぬるま湯ですすぎます。この場合も、洗い残しがあると肌荒れの原因になりますので、何度も湯において入念にメイク落としを行います。もしもふき取りタイプのクレンジング剤においているなら、濡れコットンなどでふき取ります。日常的に行わなければならないメイク落としですので、適正な方法でのスキンケアができるようになりましょう。